神戸鹿の子幼稚園

TEL.078-951-9901 FAX.078-951-9902

図書室だより②

図書室だより②

5月より おはなしの時間がはじまりました。

 

<年長組>

おはなし:あなのはなし 「なまくらトック」より ふしぎなたいこ「ふしぎなたいこ」より

絵本:ちいさなヒッポ  おさるとぼうしうり

s_IMG_7659s_IMG_7660

 

『あなのはなし』は、赤い靴下にあいた穴がどんどん大きくなって靴下を飲み込んで

ぶらりと外へ出ていき、ドーナツ、カエル、ツバメ、ヒツジと次々に仲間を増やし

森へたどり着くというお話。 子ども達が楽しむのは、言葉の繰り返しと、

「やっぱりオオカミが」と予想が当たること。

そして結果のおもしろさ。それぞれの子どもがいろいろ自分で想像します。

 

『ふしぎなたいこは』は、げんごろうさんの鼻がどんどんのびるのが目に見えるように

想像できるので、「えーーーーっ!」と声をあげて驚きます。

げんごろうぶな という魚になってしまうのもおもしろいようです。

 

絵本は2冊とも、とてもよく聞きます。

絵の素晴らしさや、言葉の楽しさを是非、一緒に楽しんでください。

 

<年中組>

絵本:ととけっこうよがあけた  どうやってねるのかな  わたしのワンピース

ちいさなねこ  そらいろのたね

s_IMG_7658

わらべうたの「ととけっこうよがあけた」から読み始めました。

わらべうた独特のリズムと日本語の楽しさを味わえたと思います。

「ちいさなねこ」は5冊の中で最も集中して聞けました。幼い子の気持ちをしっかりつかむ

ストーリー性が写実的な絵と共に子どもの心に届く絵本です。

 

幼い子は一度読んでもらっただけでは、まだまだよく理解できないものです。

何度も同じ絵本を読んでとせがむと思います。

どうぞ、何度でも 可能な限り読んであげてください。知っているものにであう喜びがあります。

 

☆紹介したおはなしの本は絵本は すべて図書室にあります。どうぞ借りにきてくださいね。

« »