神戸鹿の子幼稚園

TEL.078-951-9901 FAX.078-951-9902

11月

バンビコーナー(ハロウィン)

バンビコーナーでは、ハロウィンにちなんで、お化けの玉入れやお化けの輪投げ、くもの巣くぐりのゲームを作り、子ども達と遊びました。玉入れも輪投げも、お友達と入る数を競ったり、どう投げればうまく入るのか考えながら挑戦している子もいました。くもの巣くぐりは、ゴムでできたくもの巣をくぐり抜けるゲームなのですが、ゴムにからまらないように注意深く、くぐり抜ける子もいれば、わざとからまり「くもの巣にひっかかった!!」と喜んでいる子もいました。仮装コーナーも大人気で、マントや帽子を被り、ハロウィン気分を十分楽しめたようでした。

年少組 10月活動

 

 

<運動会>

運動会では、かけっこのよーいのポーズもしっかり身につき先生のところまでまっすぐ走ることができました。年少組の子ども達にとって不安と緊張の初めての運動会でしたが練習の成果を発揮し成長できたのではないでしょうか。

運動会の思い出の絵にはお友達と頑張ったことを話しながら描きました。

 

<違うクラスと昼食>

違うクラスと一緒に昼食を食べる機会を設けたときにはお友達と楽しそうにお話をしている子どもや少し緊張する子どもの姿が見られました。その後の遊びの時間には緊張もとれ、笑顔で楽しそうに遊ぶことができ交友関係が少し広がったのではないかと思います。

 

<秋の遠足>

秋の遠足では置いてある機関車の車輪の大きさに驚いたりお山でどんぐりを拾ったりバッタやコオロギをみつけたりと秋の自然に十分に触れることができました。

又、広場で駆け回り紙飛行機を飛ばし身体を動かしたあとはお家の方に作っていただいたお弁当を美味しく頂きました。

年中組 10月の活動

<体育指導>

今月の体育指導では、サーキット遊びをしました。くぐったり、渡ったり、登ったり、飛び降りたりと

全身をたくさん動かして積極的に取り組んでいました。日々の積み重ねで子ども達の運動神経も発達し、

1学期よりも体の動かし方が上手になっており、とても嬉しく思います。これからもどんどん体を動かしていきましょう!!

 

<園外保育>

千代が谷公園へ行き、どんぐりや落ち葉拾いをしました。いろいろな色や形のどんぐりや葉っぱを

見つけて拾い、「見てー!!」「こんなんあったよ!!」と嬉しそうに保育者や友達と見せ合っていました。

その後、遊具のある方へ行き、そこでも大きなどんぐりを拾ったり、遊具で遊んだりと楽しく過ごしました。

 

<園外保育>

公園で拾ったどんぐりを使ってころがし絵をしました。画用紙を入れた箱の中に絵の具を付けたどんぐりを

入れて転がすことができ、子ども達は「すごーい!!」「線がいっぱい!!」と大喜びでした。

折り紙で折ったどんぐりを貼り、素敵な作品が完成しました。

 

年長組 10月の活動

運動会という大きな行事を成し遂げた子ども達は、以前よりもまた、

ひとまわりお兄さんお姉さんになったように感じます。

今は作品展に向けて各クラス一生懸命製作に取り組んでいます!

 

<ハロウィン製作>
10月31日のハロウィンパーティーで使うこうもりの形をしたかばんを作りました。

どんなパーティーになるのか期待に胸を膨らませながら

作ったこうもりの顔や羽には一人ひとりのこだわりが詰まっています。

 

<ヒヤシンス>
各クラスでヒヤシンスの栽培をしています。

毎日球根を見ては、「根っこが生えてきた!」「ちょっと伸びてる!」と

根の成長を楽しみにしています。何色のお花が咲くのか楽しみですね。

 

<園外保育・落ち葉やどんぐりを使った絵>
千代が谷公園に行くと、赤や茶色に色を変えた落ち葉やどんぐりがいっぱい!

子ども達は夢中で拾っていました。

拾ってきた葉や木の実をいろいろなものに見立てて、自由にお絵かきをしました。

個性あふれる作品、ぜひお家で飾ってくださいね。

 

ハロウィン

10月31日(水)

お遊戯室に秘密のトンネルが出現!!そこを通り抜けると2人のパンプキンマンが子ども達を出迎えてくれました。

「ハッピーハロウィン!」と元気に挨拶し、♪ハロウィンジャンケンをしたり「くいしんぼうおばけ」のお話を聞いたり、楽しく過ごしました。

最後に「トリック オア トリート!」と言って、この日のために作ったかばんにあめやラムネを入れてもらい、大満足の様子でした。お部屋でも先生からハロウィンについてのお話を聞き、外国の文化に触れることのできた1日でした。

30年度 10月  おはなしの時間

年長組

おはなし   ・三まいのお札  「ついでにペロリ」より

絵本     ・わにがまちにやってきた

「3まいのお札」は、おにばばが出てくるので、やはり、怖い話なのだと思います。お札が、身がわりになってくれたり、砂山と川になって助けてくれるところは、想像しながら聞いているのがわかります。リズムのある雨だれの音や、おしょうさんのとなえ言葉も耳に残るでしょう。

 

「わにがまちにやってきた」の文は、おはなしというよりは、ナンセンスな詩のようです。ワーニ・ワニーイッチ・ワニスキーやワーニャ・ワシリョークが登場します。迫力満点のわにの絵も秀逸で楽しいです。

 

年中組

おはなし   ・世界でいちばんきれいな声 「ヴァイノと白鳥ひめ」より

絵本     ・いたずらきかんしゃちゅうちゅう

おはなしは、子ガモが子ネコや子犬、小鳥、雌牛と次々に、その鳴き声を真似するのですが、うまくいえず、悲しくなるのですが、子ども達にとっては、その真似した声がおかしくて、笑ってしまって、子ガモの悲しい気持ちに共感しにくかったかもしれません。でも、お母さんガモのように「クワッ!クワッ!」と鳴けた時には、「あーよかった」と安心した表情の子もありました。

 

「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」では、1ページ目から集中して聞けるクラスには、やはり機関車大好きな男の子がいるようでした。ちゅうちゅうの暴走ぶりと、その後の時間での様子など、力強い絵で描かれています。