神戸鹿の子幼稚園

TEL.078-951-9901 FAX.078-951-9902

2018年

国際交流(バンビコーナー)②みんなで作ったよ

フランスからの研修生 クローディア先生と一緒に年中組、年長組の子ども達が製作に取り組みました。

まず バンビルームに入ってくるとフランス語で「Bonjour」(こんにちは)とごあいさつです。恥ずかしがりながら言う子や物怖じせず元気一杯言う子など様々です。

製作はフランスの有名なエッフェル塔やモナリザ、フランスパンなどの貼り絵をしました。

年少組の子ども達はフランスのシールを一人一枚貼りました。

みんなで作った素敵な作品は終業式当日のクローディア先生お別れの会の時に壁に貼り、クローディア先生に喜んでいただきました。

国際交流(バンビコーナー)①歌や手遊び、ダンスをしたよ

今年度はフランスからルコルディエ、クローディアさんが幼稚園に来られています。

バンビコーナーでは、クローディア先生からフランスの歌や手遊び、踊りを教えてもらいました。

フランス語の発音は難しいのですが、子ども達は耳から聞いた言葉を思い思いに発音し、歌をうたったり、踊りをおどったり楽しい時間を過ごしました。

♪FRERE   JACQUES(うた)

♪Pomme de reinette et pome dapi(手遊び)

♪La danse des canards(踊り)

 

平成30年度 1学期 終業式 

暑い日が続く中、子ども達は暑さに負けず一生懸命がんばりました!!

7月19日、1学期最後の日、3階ホールで終業式を行いました。歌をうたい、夏休み中の約束事を聞いたりしました。

その後8月2日に帰国されるクローディア先生に、お世話になった感謝の気持ちを込めて年長組のお当番さんが皆の代表でお礼の言葉を言い、ペンダントをプレゼントしました。

そして、バンビコーナーで教えていただいたフランスの楽しいダンスを皆で踊り、全園児で心を込めて「メルシー」とフランス語でお礼の言葉を贈りました。

お部屋では担任の先生から 夏休みの間も早寝、早起きを心がけ、怪我や病気に気を付けるようお話を聞きました。

 

 

 

30年度 7月 おはなしの時間

年長組

おはなし  三びきのクマの話「イギリスのアイルランドの昔話」より

絵本  くいしんぼうのはなこさん  だるまちゃんとかみなりちゃん

「三びきのクマの話」は女の子がクマ達の家へはいり込む話として知っている子もいましたが、この話では小さなおばあさんが侵入(!)します。大・中・小のクマ達のどんぶりや、いす、ベッドを子ども達は想像しながら聞いているのがよくわかります。後半で、おばあさんが見つかるぞーと予想しながら、ちょっとスリルを味わっている子もいました。

「くいしんぼうのはなこさん」では、おいもとかぼちゃのガスでふくらんでしまった はなこ(子牛)の姿と「はれつしそうなの・・・」というはなこの言葉に子ども達はとても心配します。

 

 

年中組

おはなし  ありこのおつかい

絵本  ももたろう だるまちゃんとかみなりちゃん

ありのありこが、かまきりのきりおに飲み込まれ、きりおはむくどりのむくすけに、むくすけはやまねこのみゅうに、みゅうはくまのくまきちに、次々に飲み込まれていき、後半では逆に次々と口から出てくるというおはなしです。

それぞれが叫ぶ言葉「ばかー、とんちきめ、わるもの」が繰り返されることや、先が予想できるおもしろさを楽しめるといいのですが、まだよくわからないなぁー?という子も多くいました。絵本で是非、親子で何度も楽しんでもらいたいです。

「ももたろう」は知っているようで、ちゃんとは知らない昔話かもしれません。類話もいろいろあります。昔話集も図書室にはありますので,読んであげて下さい。

 

6月の活動  年少組

<お天気調べ>

梅雨のこの時期、本当に雨が降る日が多いのか、6月の1か月間、毎日空を見て、天気は何なのか興味関心が持てるよう、晴れ・雨・曇りのシールを貼って記録しました。

<七夕製作>

七夕の笹飾り作りでは、七夕のお話を聞き、お星さまに願いを込めて丁寧に作りました。「笑ってる顔にしよう!」と、嬉しそうに言いながら織姫の顔を描いたり、「おいしいスイカだよ、食べてみて!」と、製作したスイカ食べる真似をしたり、楽しんで取り組んでいました。

<ボールプール>

大きなボールの入ったプールに大喜び。ボールを投げたり、ボールの下にもぐったり、宝探しもしました。「ボール何個あるかな?」「100個くらいかな?」「数えてみる?」?「多すぎるーーー!!!」と、大はしゃぎでした。

<壁面製作>

お部屋の壁を夏らしい模様に作り変えました。少しずつはさみなどが正しく安全に使えるようにもなってきています。これからも様々なものを作っていきたいです。

<ちびっこの踊りの練習>

7月31日と8月1日のちびっこの夕べの日に向けて、神戸鹿の子幼稚園音頭、アンパンマン音頭、ちびまる子ちゃん音頭を練習しています。皆元気一杯踊っていますので、当日を楽しみにしていて下さい。

 

6月の活動☆年中組

<にじみ絵>

梅雨の時期にちなんだ製作を行いました。傘の形に切った画用紙にマーカーで好きな模様を描き、霧吹きで ‘‘シュッシュ” と

水を吹きかけると、色が混ざって虹色の傘に大変身!!「うわ~、すごい!!」「虹色になったー!魔法みたい!!」と大喜びの子ども達。完成した傘を画用紙に貼って、その周りにカエルやカタツムリの絵を描き、素敵な作品が出来上がりました。お友達と嬉しそうに見せ合う姿が見られました。

 

<ボールプール>

ボールプールで遊ぶことを子ども達に伝えると、「やったー!」「早くやりたい!!」と期待に胸を膨らませる子ども達。

中に入ると、大喜びで飛び跳ねたり、自分の体にボールをかけたりと楽しんで遊ぶことができました。

 

 

 

<泥遊び>

一回目が延期になり、「泥遊びはいつあるの?」「早くやりたい!!」とずっと楽しみにしていた泥遊び。

子ども達は着替える時から大興奮で砂場に入ると嬉しそうに汲んだ水を何度も砂場へ。「川になったー!!」

「海になったー!!」「たくさん道ができている!!」と言いながらスコップで掘った溝に水を流したり、

泥団子を作ったりと楽しむ姿が見られました。「楽しいー!!」「もっとやりたい!!」と終始大喜びでした。

 

年長組 6月の活動

<笹飾り>
七夕に因んで4種類の笹飾りを作りました。

すべて折り紙で折って作る織姫と彦星は難しかったですが、折り方を覚えてお家で同じように作って持ってくる子どももいました。

<体育指導>

無責任ヒーローの曲に合わせて、楽しみながら体操をしています。

6月は鉄棒の前回りと逆上がり・マットの前転と後転の練習に取り組みました。

<泥遊び・水遊び>

1回目は少しひんやりとした日でしたが、2回目はお日様の輝く暑い日になりました。

水鉄砲で遠くまで飛ばせる組み合わせを見つけて遊んだり、泥でお団子や川を作ったり、温泉に見立てて遊びました。

<夏の実り>

先日、クラスごとにじゃがいもの収穫を行い、グーの手よりも大きいじゃがいもがたくさん採れて子ども達はびっくり。

みんなで食べられるぐらいの量が採れたので、代表で年長組の子ども達が給食室に届け、

6月29日の給食にポテトフライとして出して頂きました。

 

交通安全教室

有馬警察署の警察官と交通安全指導員の方が来てくださり

年中・年長組のお友達に信号機のルールと

道路の安全な渡り方を教えてくださいました。

道路に飛び出さないことや、信号機の色についての

お約束をマジックをしながら楽しく知ることができました。

また、‘‘ケンちゃん‘‘というお友達も来てくれて

学んだことを、皆で教えてあげるという場面もありました。

最後にアラジンのDVDを見て、交通ルールを再確認し

命の大切さについて学ぶことができた子ども達でした。

 

年少組のお友達は各お部屋で、担任の先生が作った

ペープサートや紙芝居を見て、交通ルールを楽しく学びました。

 

幼稚園に通う時や、普段道路を渡る時に

交通ルールを守りながら安全に過ごしてほしいと思います。

 

 

コーナー遊び

6月15日、21日と2回にわたりコーナー遊びを行いました。

コーナーは新聞紙、小麦粉粘土、カプラ、キャタピラ、ボールプールの5つです。1人1枚カードを持って各コーナーでシールを貼り、遊びます。ルールのある遊びや、各自が考え作っていく遊びなどコーナーによって遊び方も様々でしたが、先生やお友達と一緒に約束を守りながら参加できました。

新聞紙コーナーでは、ちぎった新聞紙を頭の上から被ったりお友達に被せたりし、たくさん体を動かしていました。

カプラコーナーでは、友達と力を合わせて 舟の形を作ったり高く積み上げたりし集中して遊んでいました。

小麦粉粘土コーナーでは、5色の色を使い、ケーキやおすしなど食べ物やうさぎやくまなど動物を作る子が多かったです。白と赤を混ぜるとピンクになったり、赤と青を混ぜると紫になるなど色の変化を楽しんでいる子もいました。

どの子も1回目より2回目の方が、遊びを発展させ、友達と関わりながら、楽しく参加できました。

30年度 6月 おはなしの時間

年長組

おはなし:山のぼり「いやいやえん」より

絵本:たんぽぽ

ちゅうりっぷ保育園の子ども達の話が、何話かはいっているのが「いやいやえん」です。その中の、山のぼりという話では、ばら組のしげるが「絶対に登ってはいけません」といわれていた山に登ります。その前に しげるは、〇〇してはいけませんといわれていたことをしています。聞いている子ども達は、ずっと、しげるに「そんなことしたらあかんのにー」と言いつづけます。さて、してはいけないことばかりするしげるはどうなるのでしょう。

この話は子ども達が全く、気をそがれることなく集中して聞き楽しむ話です。

他の話ーくじらやおおかみも出てくるーを是非 読んであげて下さい。

「たんぽぽ」身近な植物の不思議を発見できるノンフィクションです。

 

 

年中組

おはなし:あなのはなし 「なまくらトック」より

絵本:ひとまねこざるときいろいぼうし  ちいさなヒッポ

「あなのはなし」は先月、年長組にも話しました。やはり1年の差は大きいのか、年中組では「何のことかわからんわー」といった感じの子が半数以上。言葉のくり返しにも気付かないようでした。

「ひとまねこざるときいろいぼうし」はアニメのおさるのジョージで知っている子もいましたが、このシリーズは是非、絵本で読んでもらって楽しんでもらいたいです。

「ちいさなヒッポ」は、じっくり絵も見て楽しみたい絵本なので、家庭でたっぷり読んであげて欲しいです。1回のおはなしの時間だけでは、まだまだ理解できない子が多かったようです。

 

図書室より

今回紹介したおはなし、絵本は幼稚園の図書室に置いてあります。その他季節に応じた絵本も棚の上に飾り紹介していますので 是非読んであげてくださいね。

第4回 かのこ学級のご案内「親子で楽しむ絵本」

平成30年7月12日(木) 12時45分~13時45分ごろ

神戸鹿の子幼稚園 別館 にて芦田 悦子先生(おはなしの先生)による「おはなしの時間」を体験できます。

当日参加、園外参加、小さなお子様連れの方の参加も可能です。  ご興味のある方 是非ご参加ください。