神戸鹿の子幼稚園

TEL.078-951-9901 FAX.078-951-9902

30年度 11月 おはなしの時間

30年度 11月 おはなしの時間

年長組

おはなし   アナンシと五  「子どもに聞かせる世界の民話」より

絵本     かえるのいえさがし   木はいいなあ

 

アナンシ(時々人間になったり、大きなクモになったりする悪いやつ)が、魔女の呪いの言葉を利用して、まずアヒルのおくさんを、次にウサギのおくさんを食べてしまい、ハトのおくさんも食べてしまうと思いきや、意外な結末に。「ア―ッ」という声とともに子ども達の目が大きくなりました。

 

「かえるのいえさがし」はちょうどこの季節にぴったりの、かえるの親子が冬眠する穴をさがし求める話です。

(この絵本は、絶版で図書室にはありません。公共図書館にはあると思います。)

「木はいいなあ」 身近なところで、木はいいなあと感じられる機会を持って欲しいと思って読みました。

年中組

おはなし   ふしぎなたいこ(同名の絵本より)

絵本     アンガスとあひる   まいごのアンガス   かいじゅうたちのいるところ

「ふしぎなたいこ」は日本の昔話です。  げんごろうさんの鼻がどんどん高くなって 空の白い中にはいってしまう様は、どの子もよくイメージできているようです。その後の展開にちょっとついていけない子もありますが、絵本を見せるとよくわかるようでした。

 

アンガスの絵本では、主人公のアンガスの好奇心や冒険する気持ちに共感できるのでしょう。とても熱心に聞いて楽しみました。もう1冊「アンガスとねこ」も家庭で楽しんで下さい。

« »