神戸鹿の子幼稚園

TEL.078-951-9901 FAX.078-951-9902

30年度 9月 おはなしの時間

30年度 9月 おはなしの時間

年長組

おはなし  ・ひなどりとネコ  「子どもに聞かせる世界の民話」または「子ども世界の民話 下」

絵本    ・つきのぼうや  ・くらやみのゾウ

どのクラスも集中しておはなしを聞いていました。ひなどりが、ケーキを一人で全部食べてしまったところではっとなり、ネコがやって来ると、いよいよ緊張感は高まり、後半でひなどりが、くしゃみをしたいと言い出すと、ほとんど全員がドキッとして一瞬シーンとなります。大きなくしゃみが出た時の驚きと、ネコが逃げ出した結果に「よかったやん!」と声が上がりました。

 

9月はお月見にちなんでいつも「つきのぼうや」を読みます。それぞれの場面を絵をよく見てたのしみます。今年は、読み終えたとたん「信じられる

話してよー」と言った子がありました。

 

年中組

おはなし   ・おだんごぱん 「絵本 おだんごぱん より」

絵本     ・ポケットのないカンガルー ・くらやみのゾウ

おだんごぱんが何度もうたう歌は、とてもリズムがあり、特にメロディーをつけてうたうわけでもないのですが、とにかく歌いだすと、どのクラスでもゲラゲラ笑ってしまって、はなしが進められないこともありました。そんな時には、必ず、クラスに一人は「やかましい!」「聞こえへんやんか!」と声をあげる子がいて、やがてきつねに会っておだんごぱんがうたう時には、もう誰もゲラゲラ笑わなくなります。と同時にきつねに食べられるのでは・・と不安になってきます。結末は、昔話(ロシア)としてはめったにない終わり方ですが、子ども達は一瞬あぜんとして、すぐに「そうやとおもったー」といいます。

「ポケットのないカンガルー」はおなかにポケットがないお母さんカンガルーが、子どものケイティのためにすばらしいポケットをみつける話です。

秋と言えば「読書の秋」「食欲の秋」ですね。図書室の壁にいろいろな食べ物の本を紹介しています!

毎週 水曜日 9時から10時30分まで図書室を開館しています。たくさんの絵本を読んであげてくださいね。

 

 

 

 

« »