神戸鹿の子幼稚園

TEL.078-951-9901 FAX.078-951-9902

02月

お家の人と楽しく遊んだよ。

1月29日に乳児クラスでは、保育参加をしてもらい、

この1年間の様々な活動の様子を写真のスライドで見ていただきました。

その後、2歳児クラスのいちご組は親子体操をしながら新聞を使って遊びました。

いっぱい親子でふれあうことができました。

5月の保育参加では恥ずかしがっていたいちご組でしたが、どの子もとても楽しそうでした。

 

0.1歳児クラスのにじ・ほし組では、ペットボトルにどんぐりを入れ音のする楽器を作りました。

ペットボトルには思い思いの絵を描いたりシールを貼ったりして可愛く仕上げました。

最後には歌に合わせて楽器を鳴らし皆ノリノリでした。

とても楽しい保育参加日になりました。

年長組  1月の活動

1月はインフルエンザが流行し、学級閉鎖になりましたが、子ども達が元気な姿で帰ってきました。2月には

お遊戯会がありますので、手洗いうがいをし本番に臨めるようにしたいと思います。

<カルタ取り>

クラスで、カルタ取りをしました。皆一生懸命な顔で「はい!」と言いどれだけ取れたか競いました。

またお家でもして下さいね。

<おひなさま製作>

実際のひな人形を見て、かわいいおひなさまとおだいりさまを作りました。

桃の花やひしもちなどの飾りも工夫しました。

<クラブ>

クラブ参観に向けて、各クラブ様々なことに取り組んでいます。2月下旬、参観がありますので楽しみにしていて下さい。

 

年中組 1月の活動☆

1月の寒さが厳しい中、子ども達は寒さに負けず元気いっぱい体を動かして遊んでいます。

 

<カルタ取り>

お正月の伝承遊びである‘‘カルタ取り”をしました。皆カードを取るのに必死で

体がだんだん前のめりになっていましたが、「はい!!」という元気な声が保育室中に

響き渡っていました。カードが取れるととても嬉しそうにしていました。

<鬼のお面製作>

もうすぐ節分ということで好きな色の鬼のお面を作りました。

「青鬼がいい!!」「赤鬼にしよう!!」などと言いながら色々な色で顔を描き、

完成すると友達と見せ合い、喜ぶ姿が見られました。豆まきの日が楽しみですね!!

<縄跳び>

縄跳びの練習を重ねていくうちに上達していく子ども達。前回よりも上手に跳べる

ようになっていて驚きました。更に跳べる回数を増やせるよう頑張りましょうね。

 

年少組 1月の活動

いよいよ3学期の始まりです。
お遊戯会に向けて表現遊びを頑張っています。

<福笑い>
子ども達は目をつむりながら顔の輪郭の上に目や鼻を置いていきます。
完成した顔を見て「目が違うところにある!!」など笑いながらとても楽しそうに取り組んでいました。

<マラソン>
寒い時期に体を鍛えるために園庭でマラソンをしました。
始めは「寒い!」と言って子ども達も走り終えると「暑い!」と言って体が暖まることを経験しました。

<鬼のお面製作>
豆まきの日に使う升とお面を作りました。
升は折り紙を折って作り、お面は赤やピンクなど自分の考えた色々な色の鬼を一生懸命に作り上げました。

神戸市シェイクアウト訓練

1月17日、幼稚園で「シェイクアウト訓練」を行いました。

緊急速報メールを受信した後、担任の先生の指示を聞き、

「しせいを低く」「頭を守って」「動かない」の3つを守って

机の下に隠れました。

園児達が生まれる前の出来事ですが、お部屋で当時の話を聞いたり、

地震の絵本を見る中で自然災害の恐ろしさを感じたようで、

震災で亡くなった方に想いを馳せて黙祷をしました。

自然災害の恐ろしさをいつまでも忘れずにいてほしいと思います。

かいこの糸紡ぎ

皆で育てたかいこの繭の糸紡ぎをしました。座繰り機のハンドルを回すとくるくると

木の棒に糸が巻きつきます。力一杯ハンドルを回す子や、恐る恐る回す子など

それぞれでしたが、沢山巻きついた糸を触ると「きれい」「つるつるしてる」と言って

驚いていました。

巻きとった生糸でネクタイや着物が出来ることを、興味深く聞いていました。

一つの小さな命をいただいて、生糸がとれる事を理解でき、

子ども達にとって良い経験となったことでしょう。

     

バンビコーナー (お正月遊び)

1月のバンビコーナーでは、お正月の遊びとしてすごろく・カルタ・こま・けん玉のお正月遊びと

おすもうを楽しみました。

すごろく・カルタのコーナーでは、じっくりと取り組む姿が見られました。

こまやけん玉は、先生にひもの巻き方や投げ方を教えてもらい、何度もチャレンジして初めて上手くできた時は、

大きな歓声が聞こえました。

おすもうのコーナーでは、おすもうマットの上で、行司役の子どもが「みあって みあってー はっけよーいのこった!」

と言うと、男の子も女の子も負けじと押し合っていました。年長児は、対戦表に自分達で名前を書き、勝者にまるをつけ

遊びを発展させていました。

楽しいお正月の遊びを十分味わえたようです。  今年も一年、良い年でありますように。