神戸鹿の子幼稚園

TEL.078-951-9901 FAX.078-951-9902

12月

12月の活動 ~年中組~

〈クリスマスカード作り〉

みんなクリスマスが大好きです。クリスマスといえば?と問いかけると「サンタクロース!」「プレゼント!」「ツリー!」などたくさんの声があがりました。子ども達は素敵なクリスマスカードを作るため、折り紙でサンタクロースを折り、ツリーや雪も楽しんで描きました。お家でぜひ飾ってみてくださいね。

〈体育指導〉

今回は、園庭で元気いっぱい体操や競争をしました。コーンを目指して走り、途中で行く手を阻むカッパさんが登場。カッパにタッチされないように、お友達とぶつからないように周りに注意を向けながらゴールを目指して笑顔で走りました。

〈年賀状書き〉

年賀状書きに挑戦しました。年賀状とは、お正月に届ける葉書きのことで、1年良いお年になりますようにと願いを込めて渡すものということを知りました。そして、おじいちゃんやおばあちゃんに向け、心を込めてお正月の絵や冬の絵を描きました。

 

12月の活動~年長組~

<体育指導>

今月は、マットを使って体をたくさん動かしました。

子ども達は大根に変身して、引っこ抜かれないように

マットにしっかりつかまっていました。

ルールを守りながら、楽しく取り組むことができました。

 

<クリスマス>

今年も、クリスマスへ向けて靴下製作をしました。

プレゼントがたくさん入るように…と、子ども達も

目をキラキラと輝かせて製作に取り組みました。

クリスマス会当日は、サンタさんから

プレゼントが貰えたり、皆でケーキを食べたり

楽しく過ごしました。

 

<年賀状>

大切な人へと宛てた年賀状を

心を込めて書き、幼稚園近くのポストへ

「無事に届きますように」と言いながら投函しました。

<冬野菜>

幼稚園の畑に植えたキャベツとブロッコリーが

大きく育ち収穫をむかえました。

子ども達が植えて育てた野菜は

皆でおいしく食べました。

12月の活動~年少組~

12月は音楽会やクリスマス会、おもちつきなど楽しい行事がたくさんあり、かわいい笑顔をたくさん見ることができました。

<音楽会>

クラスを離れ、違うクラスのお友達や先生と毎日練習をしました。はじめは、自分が午前のAチーム、午後のBチームのどちらなのかもなかなか覚えられませんでしたが練習するうちに「ドレミのまほう」も「どんな色が好き」も大好きな曲となったことでしょう。本番は少し緊張している子もいましたが、終った時には「上手にできた」「楽しかった」と嬉しそうな表情がたくさん見られました。

<くつ下製作、クリスマス会>

サンタさんにプレゼントを入れてもらう「くつ下」。くつ下製作では友達と「〇〇が欲しいな~」「早くクリスマスにならないかな~」と会話をしながら楽しく製作に取り組みました。

クリスマス会の当日は朝から「サンタさん来てくれるかな?」「ケーキはやく食べたいな」と元気いっぱい登園してきました。ゲームをしたり、歌をうたったり楽しく過ごしたクリスマス会。手品をしている中、サンタさんが、大きなプレゼントの箱から出てきて大喜びでした。

<おもちつき>

園庭にかまどやうすが準備されているのを見て、「早く食べたいなー」と大喜びの子ども達。年長組のお兄さんお姉さんがお餅をつく真似をしながら応援しました。みんなで食べたきなこ餅は特別においしかったようでした。

その他に・・・

鉄棒では、一人で前まわりができる子が増えてきました。

お部屋で育てているヒヤシンスの根や芽が伸びてきている様子をとてもよく観察しています。

ワークブックは、クレパスを正しく持って丁寧に線を描ける子がたくさんいます。

 

2学期も楽しく過ごしましたね。3学期にみんなに会えるのを幼稚園で待っています。

 

H30年度 終業式

2学期最後の日、3階ホールで終業式を行いました。

運動会、作品展、音楽会と行事が盛りだくさんだった学期も今日で終わりです。

式では歌をうたい、冬休みのお約束を聞きました。冬休み中も、早寝早起きを心がけ、寒さに負けない強い身体作りをしましょう。

おもちつき

12月19日(火)

年末のお楽しみ、おもちつきがありました。おもちつきの準備を園庭でしていると、それを見た子ども達が「今日おもちつきだ!」と大喜びしていました。

年長組の子ども達が頭に豆絞りを巻き、きねをしっかりと持って、おもちをつきました。

つきたてのおもちはとてもおいしく、みんな嬉しそうに、できあがったきな粉もちをいただきました!

メリークリスマス♪

皆が楽しみに待っていた、クリスマス会が3Fホールで行われました。

「あわてんぼうのサンタクロース」・「赤鼻のトナカイ」の歌をうたったり、

◯☓クイズや手遊びもしました。

先生たちの出し物の手品では、皆が驚き「おぉーーー」「すごーい」という声。

どうなっているのかな?と、不思議な顔が沢山!!!最後には、魔法をかけると

サンタさん登場!!

年長さんはサンタさんに質問し、サンタさんからいろんなことを教えてもらいました。

お部屋には大きな袋にサンタさんからのプレゼントが置いてありました。

皆が作った靴下の中に、沢山のお菓子が入っていました。

プレゼントをもらった後、クリスマスケーキを皆で食べ、楽しい時間を過ごしました。

                      

待ちに待った音楽会

12月15日に音楽会が行われました。歌の歌詞や楽器の鳴らし方を皆で覚えるところから始まり、

練習を積み重ねる度に上達していきました。初めはなかなか合わなかった音も合わせられるようになり、

音楽会当日は、「緊張するー!!」「楽しみー!!」といろいろな声が聞こえてきましたが、

たくさんのお客様の前で力を十二分に発揮することができたと思います。

きっと皆様も子ども達の頑張りや成長した姿を見て下さったことでしょう…。

30年度 11月 おはなしの時間

年長組

おはなし   アナンシと五  「子どもに聞かせる世界の民話」より

絵本     かえるのいえさがし   木はいいなあ

 

アナンシ(時々人間になったり、大きなクモになったりする悪いやつ)が、魔女の呪いの言葉を利用して、まずアヒルのおくさんを、次にウサギのおくさんを食べてしまい、ハトのおくさんも食べてしまうと思いきや、意外な結末に。「ア―ッ」という声とともに子ども達の目が大きくなりました。

 

「かえるのいえさがし」はちょうどこの季節にぴったりの、かえるの親子が冬眠する穴をさがし求める話です。

(この絵本は、絶版で図書室にはありません。公共図書館にはあると思います。)

「木はいいなあ」 身近なところで、木はいいなあと感じられる機会を持って欲しいと思って読みました。

年中組

おはなし   ふしぎなたいこ(同名の絵本より)

絵本     アンガスとあひる   まいごのアンガス   かいじゅうたちのいるところ

「ふしぎなたいこ」は日本の昔話です。  げんごろうさんの鼻がどんどん高くなって 空の白い中にはいってしまう様は、どの子もよくイメージできているようです。その後の展開にちょっとついていけない子もありますが、絵本を見せるとよくわかるようでした。

 

アンガスの絵本では、主人公のアンガスの好奇心や冒険する気持ちに共感できるのでしょう。とても熱心に聞いて楽しみました。もう1冊「アンガスとねこ」も家庭で楽しんで下さい。

年少組 11月の活動

2学期も残り1ヵ月となりました。

作品展では、かわいらしいスイミーの世界の中にも子ども達の成長を見ていただけたかと思います。

12月の音楽会に向け、皆一生懸命に頑張っています。どうぞ楽しみにしていてくださいね。

<鉄棒>

鉄棒の前回りの練習をしました。

初めは怖がっていた子ども達も、鉄棒にお腹をくっつけ足を浮かせる「ツバメのポーズ」の練習から始め、先生の補助があると、ほとんどの子ども達が上手に回ることができるようになりました。

又、補助がなくても一人で回ることができる子どもも増え、活動後も進んで練習する子ども達がたくさんいます。

 

<チューリップの球根植え>

春に備えて各クラス、プランターにチューリップを植えました。

「なんか玉ねぎみたい!」「いつ咲くの?」「ピンクがいいなぁ~」と興味津々の子ども達。

お水やりのお世話は毎日お当番さんにお願いしています。

きれいなお花が咲くといいですね!

 

<壁面製作>

冬を表現して保育室の壁を飾りました。

作品展を終え、ずいぶんハサミやのりの扱いも上手になってきました。

各クラス、クリスマスやかまくら、温泉…と冬らしくてかわいらしい壁面ができましたね。

 

 

 

年中組 11月の活動

11月は作品展の製作の仕上げや、音楽会に向けて練習が始まり大忙しですが、

子ども達の成長を日に日に感じています。

子ども達は今、音楽会に向けてとても張り切っています!!

 

<縄跳び>

体育指導で縄跳びをバイクに見立てたり、ヘビに見立てたりして遊び、

縄跳びの跳ぶ以外の楽しさを教えてもらいました。

その導入を経て、クラスでも前跳びの練習に励んでいます!!

 

 

<壁面製作>

冬景色やお正月を迎える壁飾りを作りました。

作品展を経て、以前よりも手先が器用になった子ども達。

自分でイメージしたものを作る喜びを感じていました。

 

 

<クリスマス 靴下製作>

クリスマスに向けて、サンタさんにプレゼントをもらうための靴下作りをしました。

「サンタさん来てくれるかな~??」ととても楽しみにしています。

子ども達のその想いが届きますように。