神戸鹿の子幼稚園

TEL.078-951-9901 FAX.078-951-9902

12月

30年度 11月 おはなしの時間

年長組

おはなし   アナンシと五  「子どもに聞かせる世界の民話」より

絵本     かえるのいえさがし   木はいいなあ

 

アナンシ(時々人間になったり、大きなクモになったりする悪いやつ)が、魔女の呪いの言葉を利用して、まずアヒルのおくさんを、次にウサギのおくさんを食べてしまい、ハトのおくさんも食べてしまうと思いきや、意外な結末に。「ア―ッ」という声とともに子ども達の目が大きくなりました。

 

「かえるのいえさがし」はちょうどこの季節にぴったりの、かえるの親子が冬眠する穴をさがし求める話です。

(この絵本は、絶版で図書室にはありません。公共図書館にはあると思います。)

「木はいいなあ」 身近なところで、木はいいなあと感じられる機会を持って欲しいと思って読みました。

年中組

おはなし   ふしぎなたいこ(同名の絵本より)

絵本     アンガスとあひる   まいごのアンガス   かいじゅうたちのいるところ

「ふしぎなたいこ」は日本の昔話です。  げんごろうさんの鼻がどんどん高くなって 空の白い中にはいってしまう様は、どの子もよくイメージできているようです。その後の展開にちょっとついていけない子もありますが、絵本を見せるとよくわかるようでした。

 

アンガスの絵本では、主人公のアンガスの好奇心や冒険する気持ちに共感できるのでしょう。とても熱心に聞いて楽しみました。もう1冊「アンガスとねこ」も家庭で楽しんで下さい。

年少組 11月の活動

2学期も残り1ヵ月となりました。

作品展では、かわいらしいスイミーの世界の中にも子ども達の成長を見ていただけたかと思います。

12月の音楽会に向け、皆一生懸命に頑張っています。どうぞ楽しみにしていてくださいね。

<鉄棒>

鉄棒の前回りの練習をしました。

初めは怖がっていた子ども達も、鉄棒にお腹をくっつけ足を浮かせる「ツバメのポーズ」の練習から始め、先生の補助があると、ほとんどの子ども達が上手に回ることができるようになりました。

又、補助がなくても一人で回ることができる子どもも増え、活動後も進んで練習する子ども達がたくさんいます。

 

<チューリップの球根植え>

春に備えて各クラス、プランターにチューリップを植えました。

「なんか玉ねぎみたい!」「いつ咲くの?」「ピンクがいいなぁ~」と興味津々の子ども達。

お水やりのお世話は毎日お当番さんにお願いしています。

きれいなお花が咲くといいですね!

 

<壁面製作>

冬を表現して保育室の壁を飾りました。

作品展を終え、ずいぶんハサミやのりの扱いも上手になってきました。

各クラス、クリスマスやかまくら、温泉…と冬らしくてかわいらしい壁面ができましたね。

 

 

 

年中組 11月の活動

11月は作品展の製作の仕上げや、音楽会に向けて練習が始まり大忙しですが、

子ども達の成長を日に日に感じています。

子ども達は今、音楽会に向けてとても張り切っています!!

 

<縄跳び>

体育指導で縄跳びをバイクに見立てたり、ヘビに見立てたりして遊び、

縄跳びの跳ぶ以外の楽しさを教えてもらいました。

その導入を経て、クラスでも前跳びの練習に励んでいます!!

 

 

<壁面製作>

冬景色やお正月を迎える壁飾りを作りました。

作品展を経て、以前よりも手先が器用になった子ども達。

自分でイメージしたものを作る喜びを感じていました。

 

 

<クリスマス 靴下製作>

クリスマスに向けて、サンタさんにプレゼントをもらうための靴下作りをしました。

「サンタさん来てくれるかな~??」ととても楽しみにしています。

子ども達のその想いが届きますように。

 

年長組 11月の活動

朝、吐息が白くなる日が増え、冬の訪れが感じられるようになってきました。

<チューリップの球根植え>
春に綺麗な花が咲くように、みんなでチューリップの球根を植えました。
種とは違う球根の形を見て、「たまねぎみたい!」と言う子どもの姿が見られました。

<縄跳び>
縄跳びの前跳びが出来るようになってきました。50回以上続けて跳べる上手なお友だちもいます。
難しかったけれど、後跳びにも挑戦してみました。

<体育指導>
ねじった縄跳びを自分で開いて、「どこでもドア~!」と上手に間をくぐりぬけていました。
体育用具を色々な使い方をして、体を動かすことを子ども達も楽しみにしています。

<ブラッシング>
網と歯ブラシを使って、絵の具でブラッシングをしました。
絵の具が粉のように飛び散ることが楽しくて、紙いっぱいに雪を降らせていました。