神戸鹿の子幼稚園

TEL.078-951-9901 FAX.078-951-9902

10月

秋の遠足

10月18日、年少組は幼稚園バスに乗り、公園に遠足へ行きました。

公園には小さな山と広場があり、小さな山では大きさや形が違うどんぐりを見つけたり、広場では紙飛行機をお友達と一斉に飛ばし、競い合いました。

他にも、大きな機関車には「大きい」「すごい」と歓声をあげ、その前で写真を撮りました。

昼食は、お友達と楽しくお喋りしながらお弁当を美味しく食べることができました。

秋をたくさん満喫できた楽しい遠足になりましたね。

 

 

 

 

芋掘り遠足

秋になると年長組のお部屋から♪イモ掘れホーレの歌が聞こえてきます。

 

当日はお天気にも恵まれ、少し暑いぐらいでしたが、子ども達はスコップや手で一生懸命お芋を掘りました。

すると・・・

子ども達の顔ぐらいお大きさのお芋が出てきて大興奮!!

「こんなに大きいよ!」「おもたーい!」と大喜びでした。

 

芋掘りの他にも牛を見に行ったり、畑でカエルやコオロギを捕まえたり、中にはザリガニを捕まえた子どももいました。

お昼には、お家の人が作ってくださったお弁当をお友達と見せ合いながらおいしくいただきました。

 

秋の自然や生き物に触れ、楽しい思い出がまた一つ増えましたね。

 

 

新しいお山ができたよ!

夏休み中に、南館横の庭を整備し、築山を造りました。天然芝の養生も済み、10月12日(木)からお山を解放し、子ども達が遊べるようになりました。

お山には、見晴台や滑り台があり、上に登ると幼稚園が一望できます。また、じゃぶじゃぶ池では、夏場水遊びをしたりポンプの水で遊べるようになっています。

お山に登ったり降りたり、子ども達は大満足!!芝生に寝転ぶ子や、土管の中を通る子、山を行き来して追いかけっこする子どもなど、色々な子どもの姿が見られます。

第27回神戸鹿の子幼稚園運動会

雨で一日延期になった運動会でしたが、10月8日(日)は、うって変わって晴天となり、運動会日和になりました。

 

年少組にとっては、初めての運動会。お家の方と離れるのが寂しく、泣いている子どももいましたが、いざかけっこの番になると練習した成果を出し切り、自分の足で走ることできました。

 

年中組は、ハンバーガー屋さんになってハンバーガーを届ける競技をしました。かけっこも笑顔で元気一杯頑張りました。

 

年長組は、幼稚園最後ということもあり、朝からやる気満々!!綱引きはなかなか勝負がつかないチームもありましたが、力抜くことなくみんな一生懸命でした。リレーもクラスのバトンをアンカーのお友達まで、しっかり繋ぐことができました。

 

最後には、パラバルーンとポンポンで総踊りを行いました。リズムに乗って元気に演技し、拍手喝采でした。

 

暑い中、温かいご声援ありがとうございました。また、準備・片付けもたくさんご協力いただきまして、ありがとうございました。

 

年長組 9月の活動

楽しかった夏休みが終わり、日焼けをしたり背が少し伸びた元気な姿を見せてくれた子ども達。残暑の日もあれば涼しい秋風が吹く日もありますが、天候に負けずにお外でいっぱい体を動かして遊んでいます。

〈子ども達の遊ぶ姿〉

一学期よりも色々なお友だちと関わる様子が見られます。だるまさんがころんだや鬼ごっこなどルールのある遊びを様々なクラスのお友達としたり、季節の移り変わりに気付き、虫探しやどんぐり・落ち葉を拾って遊ぶ姿が見られます。お友だちと遊ぶ楽しさを大切にして、相手のことを思いやる優しさをたくさん育んで欲しいと願っています。

〈運動会の練習〉

リレーや綱引きの練習を通して、体の使い方や力の入れ方を考え、少しずつ強くたくましい体になってきています。一人ひとりが力を出し切れるようになり、みんなで力を合わせるとさらに大きな力になることを知り、応援にも熱が入るようになりました。クラスの絆が日々深まっているように感じます。

〈冬野菜植えと稲刈り〉

寒い冬にも負けないにんじん、だいこん、キャベツ、ブロッコリーを各クラスごとに植え、全クラスでいんげんを植えました。すくすくと大きくなる野菜の成長を楽しみながら観察しています。そして、畑でしっかりと実っておじぎをしている稲穂を先日刈り取りました。稲穂の根元を握って鎌で刈る方法を知り、干した後に殻を取ってお米ができる話を興味津々に聞いていました。お米の一粒も残さずに大切に食べる気持ちを持ちたいですね。

                           

 

                          

年少組 9月の活動

1学期よりお友だちとの関わりが増え、毎日元気一杯遊んでいます。

<運動会の練習>
9月から運動会で行う競技「かけっこ」の練習が始まりました。初めてのことで子どもたちも少し緊張気味でしたが、練習を重ねるにつれて担任の先生の元へ笑顔で走る子ども達。かっこよく走る姿を見てもらいましょうね!

 

 

<秋の壁面製作>
お部屋に新しく飾る壁面をクラスで作りました。秋ということで、みのむしやぶどう狩り、ハロウィンといったとても可愛い壁面が出来上がりました。1学期に比べてできることが増えた子どもたち。冬の壁面はどのようなものになるのか楽しみですね。

 

<体操服の自分>
お部屋で「体操服の自分」の製作をしました。はさみで服、ズボン、顔を上手に切って貼ることができました。顔や手足は子どもたちが考えてお友だちと楽しそうに話して描いていました。

 

年中組 9月の活動

まだまだ暑い毎日ですが、運動会に向けて練習に励んでいます。

子ども達は汗をたくさんかきながら元気いっぱい走り回っています。

<園外保育>

年長組・年少組のお友達と一緒に千代ケ谷公園へ行き、手つなぎリレーをして遊びました。

年少組さんには、お兄ちゃんお姉ちゃんらしくリードしたり、仲良く交流を深めることができました。

 

<お月見だんご>

布を丸めて作ったスタンプをポンポンし、お月見だんごを作りました。

「本物みたい!!」「おいしそう!!」と言いながら、子ども達は楽しんで取り組みました。

<お地蔵様当番>

みんなが元気に過ごせるよう毎日子ども達を見守っているお地蔵様に感謝の気持ちを込めてお花や野菜を供えました。

これからも子ども達が元気に過ごせますように…。

 

9月お話の時間

<年長組>

おはなし:三匹のクマの話「イギリスとアイルランドの昔話」より

絵本:月へミルクをとりにいったねこ

つきのぼうや

 

 

三匹のクマとは、ちいさいちっぽけなクマ、中くらいのクマ、とぅても大きなクマです。この、小・中・大の対比の言葉が、どんぶりやいす、ベッドにも繰り返し使われ、その言葉のリズムを聞き、子ども達は楽しく素話を聞きます。そして、繰り返される行為も、聞いている子どもは予測できますから、話に引き込まれていきます。おはなしをよくイメージして聞くことができます。

絵本は9月をイメージのお月見にちなんで、月が出てくるおはなしを…と思い、この2冊を選びました。

「月にミルクをとりにいったねこ」では、月なんかへいかれへんわー!と言っていた子どもも、途中からはねこと一緒に月を追いかけていました。

「つきのぼうや」は細長い絵本の形状が、まず気を引きましたが、結末に納得したかどうかはちょっと分かりません。何度も読んであげたい絵本ですね。

 

<年中組>

おはなし:ありこのおつかい

絵本:いたずらきかんしゃちゅうちゅう

よるのおるすばん

「ありこのおつかい」では、ありのありこがお使いの途中で、かまきりのきりおに飲み込まれ、きりおはむくどりのむくすけに飲み込まれ、むくすけは…と次々に自分より大きなものに飲み込まれていきます。その時、それぞれが「ばかー、とんちきめ、わるもの」と叫んで飲み込まれ、叫ぶのをやめません。子ども達は、この叫び声に驚き、笑い声をあげ楽しみました。

絵本「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」は、迫力ある絵に子ども達はひきつけられます。ちゅうちゅうの暴走は子ども達の心をとらえ、動けなくなってしまったちゅうちゅうへの共感はどの子どもの心にもあったと思います。

 

毎週水曜日9:00~10:30 図書開館を行っています。たくさんの本に触れられるよう、たくさんの方のご来館おまちしております。

楽しかったぶどう狩り遠足

9月11日、年中組はぶどう狩り遠足に行きました。

「ぶどうはどうやって実るのかな?」「何個食べられるかな?」とバスの中でお話をしているうちにぶどう園に到着です。

ぶどう畑にはぶどうがいっぱいつるから下がっていました。

一人ひとりがぶどうをはさみで切り、「大きいの取れた」と満足そうに自分で取ったぶどうを頬張っていました。

ぶどうを食べた後は、お弁当もいただきました。ぶどうも食べてお弁当も綺麗に完食です。

天候にも恵まれ笑顔溢れる遠足となりました。

また、御家庭でも楽しかった遠足の話を聞いてみて下さい。